トップページへ
青年会議所案内 岐阜青年会議所概要 入会案内 まちづくり運動
お問合せ
事業・大会案内 LINK GJCメンバー専用 サイトマップ

4月公開例会(青年経済人フォーラム)

演題 「自分(ここ)からはじめよう」
〜あなたの力がこのまちをかえる〜

講師 猪瀬 直樹氏
4月公開例会に多くの皆様にお越し頂き、
誠に有難うございました。


                           日時 2008年4月18日(金) 18:30〜20:30
                           場所 未来会館 長良川ホール

 
 4月18日(金)、未来会館長良川ホールにて、「(社)岐阜青年会議所2008年度4月公開例会(青年経済人フォーラム)」が開催されました。
 今回、講師として作家であり現東京都副知事を務める猪瀬直樹氏を招聘して「自分(ここ)からはじめよう〜あなたの力がこのまちを変える〜」を演題にご講演頂きました。本例会は一般公開例会として岐阜市近郊の青年経済人を中心に多くの市民の皆様にも参加して頂きました。
 講演では、先を見据え勇気を持って行動することの大切さと、猪瀬氏の道路公団改革に見られるような、自ら調査、分析し誰よりも問題に精通して取り組むことの意義について語って頂きました。また、夕張市の財政再建問題や道路特定財源の問題等にも触れて頂き、非常に充実した講演となりました。


講師紹介:猪瀬直樹(いのせ なおき)氏の経歴

1946年、長野県生まれ。1987年「ミカドの肖像」で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。「日本国の研究」で96年度文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年 6月末、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。政府税制調査会委員、財政制度等審議会専門委員、東京大学客員教授など幅広い領域で活躍中。2007年4月、地方分権改革推進委員。2007年6月東京都副知事。近著に「東京からはじめよう」(ダイヤモンド社)、「こころの王国」(文春文庫)がある。

【著書】「猪瀬直樹著作集 日本の近代(全12巻)」を2001年 9月より刊行開始。第一巻「構造改革とはなにか 新篇日本国の研究」、第二巻「ペルソナ三島由紀夫伝」、第三巻「マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一」、第四巻「ピカレスク 太宰治伝」、第五巻「ミカドの肖像」。そのほか「小論文の書き方」(文春新書)、「明日も夕焼け」(朝日新聞社)など多数あり。テレビ朝日系「朝まで生テレビ」「サンデープロジェクト」などテレビ出演多数。
一般入場受付の様子 開場後、市民の皆様がご入場されます。
開会の辞 内藤副理事長 司会 伊藤君
理事長挨拶 松尾理事長 講師 猪瀬氏
会場の様子 講演に力の入る猪瀬氏
ご聴講頂いた市民の方からも質問がありました。 閉会の辞 荒深副理事長
講演終了後、希望者は猪瀬氏直筆サイン入りの
著書を購入することができました。
これには非常に多くの方が購入希望され、
受付には人だかりができました。


Copyright(c) 2008 Junior Chamber International Gifu. All Rights Reserved.  | プライバシーポリシー | ▲Home |