トップページへ
青年会議所案内 岐阜青年会議所概要 入会案内 まちづくり運動
お問合せ
事業・大会案内 LINK GJCメンバー専用 サイトマップ

副理事長 基本方針

 副理事長 内藤 宙

副理事長基本方針

 ぎふのまちの未来を担う子どもたちが、逞しく健やかに成長する姿は(社)岐阜青年会議所が56年もの永きに亘って描き続けてきた理想の姿の一つです。最近、この姿とは程遠い青少年に関わる問題が多発しています。いじめ問題、児童虐待、家庭内暴力、これらの問題は家庭や地域の人々が互いに持っていた大切な“絆”・・・子どもたちが互いに思いやる友情、親が子を慈しむ愛情、子が親に感謝し敬う気持ち、などを見失ってしまったことによるものだと考えます。私たちにとって子どもたちは、大切な“未来の花”であり、家庭や周りを取り巻く地域コミュニティの“絆”は、それを育む大切な土壌なのです。今こそ、この大切な“絆”を再構築し、張り巡らすことで“未来の花”が美しく咲くことができるよう導いていく必要があります。

 私たちは今、自らの家庭を取り巻く地域コミュニティに、どれだけこの大切な“絆”を感じることができるでしょうか。まずは地域コミュニティの現状とあるべき姿を見つめ直し、そこに住む子どもたちや大人たちと一緒に楽しんだり、汗を掻いたりする活動を地道に広げていくことで地域コミュニティの“絆”を繋いでいきましょう。この大切な“絆”の再構築が健全な青少年育成に繋がり、ひいては明るい豊かな社会の実現に繋がるのです。

 また“未来の花”である子どもたちが健全に逞しく育つためには、確かな教育が必要です。入試対策の知識偏重な教育ではなく、日本人が古来、大切にしてきた道徳心に基づく“徳育”が必要とされています。親や大人たちのあるべき姿、子どもたちのあるべき姿、万物や先祖に感謝する姿勢など、人生の礎となる道徳教育を見つめ直し、子どもたちとともに学んでいきましょう。

 地域コミュニティの“絆”を深めることに近道はなく、互いに“思いやり”の気持ちをもち、皆で心を一つにできる活動を地道に積み重ねていくしかありません。私は“思いやり”の気持ちをもってメンバーや地域の人々と協働していくリーダーとなるべく力を尽くします。そしてメンバーには、一つひとつの事業目的を突き詰めながら行動する姿勢の大切さを伝えていきます。



ひとつ前のページに戻る

Copyright(c) 2008 Junior Chamber International Gifu. All Rights Reserved.  | プライバシーポリシー | ▲Home |