トップページへ
青年会議所案内 岐阜青年会議所概要 入会案内 まちづくり運動
お問合せ
事業・大会案内 LINK GJCメンバー専用 サイトマップ
総務委員会
渉外委員会
広報委員会
会員交流委員会
組織強化委員会
経営力向上委員会
フォーラム委員会
青少年心身育成委員会
スポーツチャレンジ委員会
観光都市ぎふ委員会
中心市街地活性化委員会
JCスクール委員会

←戻る

スポーツチャレンジ委員会 基本方針・事業計画

スポーツチャレンジ委員会 委員長 渡邊 直哉

1.委員長基本方針
 子どもの清々しい笑顔はすべての大人の願いです。笑顔が溢れ、心身共に健全で互いの気持ちを理解できる“思いやり”のある子どもを育てるためには、その礎となる人と人との“絆”を強くした地域コミュニティが必要です。

 「30人31脚」では、子どもたちは心を一つに大人たちの待つゴールに向かって全力で走ります。競技を通じて子どもたちは、あきらめず挑戦する強い心身を育み、目標を達成する喜びを感じ、仲間への“思いやり”によって結ばれた“絆”の大切さに気づくことができます。また、3年目となる本年度は、大人がこの事業を契機に集い主体的に活動してもらうことで、大人と子どもがより強い“絆”で結ばれた地域になるように注力します。大会当日は、子どもたちの一所懸命に競技に打ち込む姿が大人たちを感動させ、地域への意識を一段と深めます。こうして一つになった地域では、大人は地域の子どもを愛し、子どもは地域の大人からの愛情を実感することで、くじけず逞しく生き抜く子どもが育つと確信します。

 委員会メンバーは、子どもの笑顔のために、勇気をもって地域の人々と“関わり”を持ち、ひたむきに汗を掻きます。そして、JCメンバー全員の力を結集し、家庭・学校・地域住民が強い“絆”で結ばれた地域コミュニティを創りあげてもらいます。

 私は、委員長として親としてそして地域の一員として、周りの人々の幸せを考える心を持ち、今までの殻を打ち破り一人でも多くの人々と“関わり”を持っていきます。今こそ、地域の力を結集して子どもたちのとびっきりの笑顔を輝かそうではありませんか。



2.事業計画
事業月 事業内容
1月〜7月 スポーツチャレンジぎふ2008の企画・立案・広報
4月〜7月 スポーツチャレンジぎふ2008の参加者募集
スポーツチャレンジぎふ2008の参加チームの支援
7月 スポーツチャレンジぎふ2008の実施(7/26)
9月 事業報告(9月例会)
全体事業 2009年度新入会員の募集支援

Copyright(c) 2008 Junior Chamber International Gifu. All Rights Reserved.  | プライバシーポリシー | ▲Home |